オンラインHDF(血液透析濾過)


従来のHDFは、コストの問題や手順が複雑などの理由で大きく普及しませんでした。

これに対してオンラインHDFは、置換液の代りに高度に清浄化した透析液を使用することにより、コストを低減し準備も簡便なことから大きく普及しました。

通常の血液透析(HD)では、血液を体内から取り出し透析器(ダイアライザー)を介して、血液中の老廃物の除去、電解質の調整を行います。このとき、毒素や電解質は血液と透析液の濃度差によって不要なものは除去、必要なものは補充されます。

これを「拡散」と言い、通常の血液透析(HD)の原理となります。

 

一方血液濾過(HF)とは、血液側に大量の補充液を注入し、補充した分の圧力で不要なものを除去する方法です。

これを「濾過」と言います。

血液透析(HD)と血液濾過(HF)には、それぞれ利点や欠点があります。

血液透析(HD)


血液と透析液の濃度差を利用しているため、

  • 分子量の小さい物質は比較的よく除去や補充がされる。
  • 分子量の大きい物質はあまり除去することができない。

血液濾過(HF)


補充液の量(つまり圧力)を利用しているため、

  • 分子量の小さいものも大きいものも均等に除去することができる。
  • 全体的にはあまり効率よく除去できない。

これら血液透析(HD)と血液濾過(HF)のハイブリッドがHDF療法です。

このHDFをさらに発展させたものがオンラインHDFです。

血液透析(HD)と血液透析濾過(HDF)のイメージ



オンラインHDFの効果


改善の可能性がある症状や合併症


  • 血圧下降の改善
  • 掻痒症
  • 腎性貧血
  • 関節痛
  • イライラ感、不眠、レストレスレッグス
  • 栄養障害
  • 透析アミロイドーシス
  • 色素沈着

期待される長期臨床効果


  • 透析アミロイドーシス進行の抑制、発症の遅延
  • 栄養指標の改善
  • 免疫能改善にともなう感染症罹患率の低下
  • 動脈硬化進行の抑制
  • 尿毒症性心筋症の抑制

残存腎機能の維持


自尿を長く保てるとの報告があります。

生命予後


血液透析(HD)にくらべて生命予後が改善される可能性があります。


【外来】

[診察時間]

 

午前

9:00~12:30

9:00~14:00

昼休みなし 

午後

14:30~18:00

※受付は診察終了の30分前まで

休診:日曜日、祝日

【透析センター】

[透析スケジュール]

   開始時刻

午前

8:20~

◯ 

午後

13:15~

15:30~

夜間透析

[夜間透析]:月、水、金

夜間透析の場合でも、より良い治療のために17時台からの透析をおすすめしています。

こうまつ循環器科内科クリニック

〒879-1506

大分県速見郡日出町3852番地6

Tel:0977-73-0077

Fax:0977-73-0043