こうまつ元気通信 2021年03月 「喉が乾かないように気を付けること」


喉が渇かないよう気を付けること


汗もかきづらい時期で体重コントロールはいかがですか?喉の渇きは塩分が大きく関係しています。

塩分

塩分の摂りすぎは、血漿浸透圧が上昇して、脳が「水分を摂りなさい!」と指令を出すため喉が渇きます。

塩分の多いメニューは・・・

  漬物・佃煮・味噌汁・ラーメン・丼物・練り物・干物・梅干し・インスタント食品・寿司・・・

 1日の塩分は6.0g未満、1食では2.0g未満が目安です!

どれくらいの塩分を摂っている??

1日の食塩摂取量(g)=A×B÷17.1÷C

 

A・・・体重増加量

B・・・ナトリウムの検査値

C・・・透析間日数(2日空きなら 3 )

 

計算してみましょう。

漬物摂りすぎていませんか??

  • 自家製・大根漬け(20gで塩分0.1g) 他の漬物よりかなり塩分を控えることができます。毎日漬物を食べたい方にオススメです!(大根1/3本をイチョウ切りにし塩小さじ1/2杯)
  • 市販品・キムチ漬け(15gで塩分0.3g) 少量で塩分を多く含みます。また白菜漬けよりもカリウム・リンも多く含みます。
  • 市販品・きゅうり漬け(15ℊで塩分0.6g) 少量でかなり塩分を含みますね。食べ過ぎると喉が渇いてしまいますので要注意です。
  • 市販品・福神漬け(15gで塩分0.8g) カレーライスの時にトッピングする場合、さらに塩分を付加してしまします。要注意です。
  • 市販品・昆布の佃煮(15gで塩分1.1ℊ) 少量でかなりの塩分を含みます。この量でみかん1ケ分のカリウムので食べ過ぎ注意です。